無知、不寛容、利己…

IMAGE: Ignorance, intolerance, egotism, self-assertion, opaque perception, dense and pitiful chuckle-headedness -- and an almost pathetic unconsciousness of it all. That is what I was at nineteen and twenty.

無知、不寛容、利己主義、自己過信、不明瞭な認識、愚かで卑しむべき嘲笑的態度、――そしてそのすべてが痛々しいまでの無意識状態。それが19歳から20歳の私であった。 - (1835 - 1910) “ジェイコブ・H・バロウへの手紙、1876年11月1日”

(Isabella QuintanaによるPixabayからの画像)

(Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ)

(←クリックでこの名言の英語を表示)

Ignorance, intolerance, egotism, self-assertion, opaque perception, dense and pitiful chuckle-headedness -- and an almost pathetic unconsciousness of it all. That is what I was at nineteen and twenty. - (1835 - 1910) "Letter to Jacob H. Burrough, 1 November 1876"

(→この名言英語見出しページへ移動)

Related Entries : 関連する名言ことわざ10

Bookmark the permalink.

Comments are closed.

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク