Search Results for:

雄牛をつかまえるには…

IMAGE: Take the bull by the horns. [Seize the bull by the horns. / The bull must be taken by the horns.]

雄牛をつかまえるにはその角をつかめ。 / (難局を乗り越えるには正面から立ち向かえ。) / (日本の諺)甘梃子(あまてこ)ではいかぬ。 / 荒馬の轡(くつわ)は前から。 (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

十牛図[牧牛図]一覧

IMAGE: List of Ten Bulls [Ten Ox Herding Pictures]

十牛図[牧牛図]一覧 – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) 一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] 二. 見跡(けんせき)。[牛の足跡(あしあと)を見る。] 三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] 四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] 五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] 六. 騎牛帰家(きぎゅうきか)。[牛に騎って(のって)家に帰る。] 七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] 八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] 九. 返本還源(へんぽんかんげん)。[本(もと)に返り、源(みなもと)に還る(かえる)。] 十. 入鄽垂手(にってんすいしゅ)。[町に入って手を垂れる(たれる)。] (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

八. 人牛倶忘…

IMAGE: 8. Both Bull and Self Transcended. [Ox and Herdsman Vanished.]

八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (七. 忘牛存人…←前の図;十牛図一覧;次の図→九. 返本還源…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

七. 忘牛存人…

IMAGE: 7. The Bull Transcended. [Ox Vanished, Herdsman Remaining.]

七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (六. 騎牛帰家…←前の図;十牛図一覧;次の図→八. 人牛倶忘…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

六. 騎牛帰家…

IMAGE: 6. Riding the Bull Home. [Riding Home.]

六. 騎牛帰家(きぎゅうきか)。[牛に騎って(のって)家に帰る。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (五. 牧牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→七. 忘牛存人…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

五. 牧牛…

IMAGE: 5. Taming the Bull. [Taming the Ox.]

五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (四. 得牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→六. 騎牛帰家…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

四. 得牛…

IMAGE: 4. Catching the Bull. [Getting Hold of the Ox.]

四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (三. 見牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→五. 牧牛…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

三. 見牛…

IMAGE: 3. Perceiving the Bull. [Catching Sight of the Ox.]

三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (二. 見跡…←前の図;十牛図一覧;次の図→四. 得牛…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

一. 尋牛…

IMAGE: 1. In Search of the Bull. [Looking for the Ox.]

一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (十牛図一覧;次の図→二. 見跡…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

鶏口となるとも牛後と…

IMAGE: Better be the head of a dog than the tail of a lion.

鶏口となるとも牛後となるなかれ。 – 司馬遷(しばせん) (紀元前145頃? – 前86頃): 『史記』蘇秦伝(そしんでん)[蘇秦列伝](中国~日本の諺) / 獅子の尾となるより犬の頭となれ。[ライオンの尾となるより犬の頭となれ。] More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク