人は、快適で便利な…

IMAGE: The ultimate measure of a man is not where he stands in moments of comfort and convenience, but where he stands at times of challenge and controversy.

人は、快適で便利な刹那(せつな)ではなく、挑戦と論争の最中(さなか)で、その真価が問われる。 – マーティン・ルーサー・キング,ジュニア[マーチン・ルーサー・キング,ジュニア] (1929 – 68) (Jae RueによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

必要性や正当性が…

IMAGE: Never think that war, no matter how necessary, nor how justified, is not a crime.

必要性や正当性がどれほどあろうとも、戦争が犯罪でないなどと決して考えてはならない。 – アーネスト・ヘミングウェイ (1899 – 1961) (Matthias BurtscherによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

平和への道は…

IMAGE: There is no path to peace. Peace is the path.

平和への道はありません。 平和が道なのです。 – マハトマ・ガンディー[ガンジー] (1869 – 1948) (confused_meによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人は自身の思考の産物…

IMAGE: A man is but the product of his thoughts. What he thinks, he becomes.

人は自身の思考の産物にすぎません。その人自身が考えている通りの人物になるのです。 – マハトマ・ガンディー[ガンジー] (1869 – 1948) (John HainによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

煩雑さの中から簡潔な…

IMAGE: Out of clutter, find simplicity. From discord, find harmony. In the middle of difficulty lies opportunity.

煩雑さの中から簡潔なものを、不協和音から調和を見つけ出そう。困難の只中にこそ契機がある。 – アルベルト・アインシュタイン (1879 – 1955) (Kevin King(Chandana Perera)によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

十牛図[牧牛図]一覧

IMAGE: List of Ten Bulls [Ten Ox Herding Pictures]

十牛図[牧牛図]一覧 – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) 一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] 二. 見跡(けんせき)。[牛の足跡(あしあと)を見る。] 三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] 四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] 五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] 六. 騎牛帰家(きぎゅうきか)。[牛に騎って(のって)家に帰る。] 七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] 八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] 九. 返本還源(へんぽんかんげん)。[本(もと)に返り、源(みなもと)に還る(かえる)。] 十. 入鄽垂手(にってんすいしゅ)。[町に入って手を垂れる(たれる)。] (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

九. 返本還源…

IMAGE: 9. Reaching the Source. [Returning to the Source.]

九. 返本還源(へんぽんかんげん)。[本(もと)に返り、源(みなもと)に還る(かえる)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (八. 人牛倶忘…←前の図;十牛図一覧;次の図→十. 入鄽垂手…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

八. 人牛倶忘…

IMAGE: 8. Both Bull and Self Transcended. [Ox and Herdsman Vanished.]

八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (七. 忘牛存人…←前の図;十牛図一覧;次の図→九. 返本還源…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

七. 忘牛存人…

IMAGE: 7. The Bull Transcended. [Ox Vanished, Herdsman Remaining.]

七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (六. 騎牛帰家…←前の図;十牛図一覧;次の図→八. 人牛倶忘…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

五. 牧牛…

IMAGE: 5. Taming the Bull. [Taming the Ox.]

五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (四. 得牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→六. 騎牛帰家…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク