人々はあらゆる物や人…

IMAGE: People want to find a 'meaning' in everything and everyone. That's the disease of our age, an age that is anything but practical but believes itself to be more practical than any other age.

人々はあらゆる物や人に「意味」を見つけたいのだ。それは我々の時代の病、決して現実的ではないのに他のどの時代よりも現実的だと信じている時代の病だ。 – パブロ・ピカソ (1881 – 1973) (Andrew MartinによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人は、不幸の下での…

IMAGE: The measure of a man is the way he bears up under misfortune.

人は、不幸の下での耐え方で測られる。 – プルタルコス[プルターク] (46 – 119) (Meine Reise geht hier leider zu Ende. Märchen beginnen mitによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

他の人が書いたものに…

IMAGE: Employ your time in improving yourself by other men's writings, so that you shall gain easily what others have labored hard for.

他の人が書いたものによって自分自身を向上させることに自分の時間を使いなさい、そうすれば他の人が懸命に努力して手に入れたことを簡単に手にすることができる。 – ソクラテス (紀元前469? – 前399) (congerdesignによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

美よ! 知性も感性も…

IMAGE: Beauty! I can't endure the thought that a man of lofty mind and heart begins with the ideal of the Madonna and ends with the ideal of Sodom. What's still more awful is that a man with the ideal of Sodom in his soul does not renounce the ideal of the Madonna, and his heart may be on fire with that ideal, genuinely on fire, just as in his days of youth and innocence.

美よ! 知性も感性も高い人が、最初は聖なる母マリアを理想に掲げながら、最後は享楽の町ソドムに堕するという考えに俺は耐えられない。もっと恐ろしいのは、魂に悪都ソドムの理想を懐く人間が、聖母マリアの理想を放棄せず、まるで無邪気な青春時代のようにその理想に心を燃やしている、純粋無垢に燃やしているかもしれないのだ。 – ドミートリイ[ドミートリー]・フョードロウィチ・カラマーゾフ(別名:ミーチャ、ミーチカ) — フョードル・ドストエフスキー (1821 – 81): 『カラマーゾフの兄弟』(【訳】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (CCXpistiavosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人は自分の…

IMAGE: A man should not strive to eliminate his complexes but to get into accord with them: they are legitimately what directs his conduct in the world.

人は自分のコンプレックスをなくそうとするのではなく、それらと調和するように努めるべきだ: それらはこの世界でのその人の行いを正しく導くものなのだ。 – ジクムント・フロイト (1856 – 1939) (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人は一歩を踏み出す…

IMAGE: What saves a man is to take a step. Then another step. It is always the same step, but you have to take it.

人は一歩を踏み出すことで救われる。そしてまた一歩。常に同じ一歩、それでも踏み出さねばならない。 – サンテグジュペリ (1900 – 44) (javipolinarioによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今しか…

IMAGE: It's now or never. / The sooner the better. / When are you going to do it? If not now, then when? [Now, that's when! / Now is the time!]

今しかない。[やるなら今。] / 善は急げ。[早ければ早いほど良い。] / いつやるか? 今でしょ! [いつやるの、今でしょ。] – 林修(はやしおさむ) (1965 – ) / (鉄は熱いうちに…) / (紺屋の明後日…) (Saumya ShuklaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

はい、先生‥それって…

IMAGE: Peppermint Patty: "Yes, ma'am.. it's really a two-edged sword, isn't it?" "Is the glass half full or half empty? Is it six of one or half a dozen of another? Is this really for the greater public good?" / Marcie: "I live for your answers, sir.." //

ペパーミント・パティ:「はい、先生‥それってつまりもろ刃の剣じゃありません?」「グラスは半分カラか、それとも半分いっぱいか? 一つのものが六つあるのか、半ダースが一つしかないのか? これはほんとに公共のためにいいことですか?」/ マーシー:「私、先輩の答に生きます‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (14995841によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ヘイ! マーシー!…

IMAGE: Peppermint Patty: "Hey, Marcie! It's a beautiful summer day!" "C'mon out, and we'll waste it away doing nothing.. Then we can look back upon it, and regret it for the rest of our lives!" / Marcie: "This was a good idea, sir.." //

ペパーミント・パティ:「ヘイ! マーシー! すばらしい夏の日よ!」「出てらっしゃいよ、何もしないで一日をムダにするのよ..それからそれを思い出して、一生後悔するの!」/ マーシー:「いい考えでしたね、先生‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Reinhard RanzenbergerによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

はい、先生…

IMAGE: Peppermint Patty: "Yes, ma'am.. The answer is obvious..." "I can't take advantage of you by giving an answer that is so obvious.... I have too much integrity..." / Marcie: "Didn't study again, huh, sir?" //

ペパーミント・パティ:「はい、先生‥ 答えは分かりきってます…」「わざわざ答えて先生をバカにする訳にはいきません‥‥私は誠実な人間ですから…」/ マーシー:「また勉強サボったんですね?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Alexandra_KochによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク