なぜ、創るのかって…

IMAGE: Why do we create? If we don't, the world will be too boring, so create something. Get your pencil and paper right now. That's it. Just make whatever sound you like, make the sound you want to make.

なぜ、創るのかって? 創らなければ、世界はあまりに退屈だから、創るんだ。今すぐに、鉛筆と紙を手にすればいい。それだけだ。自分の好きな音を勝手に出す、出したい音を出したらいい。 – 岡本太郎 (1911 – 1996): 『壁を破る言葉』 (StartupStockPhotosによるPixabayからの画像) / (kurt duschekによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

泣きっ面に…

IMAGE: Misfortunes never come singly. [Misfortunes seldom come singly.] / One misfortune rides upon another's back. / It never rains but it pours.

泣きっ面に蜂。 – 『いろは歌留多(江戸)』(日本の諺) / 弱り目に祟り目。(日本の諺) / 不幸は一つだけではこない。 / 災難は続くもの。 / 降るときは必ずどしゃ降り。 More »

何かあなたの曲を今…

IMAGE: "May I play something of yours now?" I asked cheekily. Beethoven nodded with a smile. I played the first movement of the C Major Concerto. When I had ended, Beethoven seized both my hands, kissed me on the forehead and said gently: "Off with you! You're a happy fellow, for you'll give happiness and joy to many other people. There is nothing better or greater than that!"

「何かあなたの曲を今弾いてもいいですか?」と、生意気にも私は尋ねた。ベートーヴェンは笑顔でうなずいた。私はハ長調協奏曲の第一楽章を弾いた。弾き終わると、ベートーヴェンは私の両手をつかみ、額にキスをし、優しく言った。「行きなさい! おまえは幸せな同士だ、他の多くの人々に幸せと喜びを与えるのだからね。それ以上のものはない!」 – フランツ・リスト[リスト・フェレンツ] (1811 – 1886) / (ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン[ベートーベン] (1770 – 1827)との1823年の対面で) (Jolanta DyrによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

難題に出くわしたなら…

IMAGE: A problem is a chance for you to do your best.

難題に出くわしたならベストを尽くすチャンスだよ。 – デューク・エリントン[エドワード・ケネディ・エリントン] (1899 – 1974) (PexelsによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

何でも小さな仕事に…

IMAGE: Nothing is particularly hard if you divide it into small jobs.

何でも小さな仕事に分ければ、特に難しいことはない。 – ヘンリー・フォード (1863 – 1947) (Peter HによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

何が始まるんだい…

IMAGE: Snoopy: "What's going on?" / Charlie Brown: "They're coming to get you for your arthroscopic surgery.. Don't be afraid..." "In a few weeks you'll be as good as ever.." / Snoopy: "In my whole life I've never been as good as ever!" //

スヌーピー:「(何が始まるんだい?)」/ チャーリー・ブラウン:「関節鏡手術に君を連れていくんだ‥こわがるなよ…」「2、3週間で、ぴんぴんしてるよ‥」/ スヌーピー:「(これまでの生涯で、ぴんぴんしてたことなんて一度もないな!)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (InspiredImagesによるPixabayからの画像) / (Foundry CoによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

七. 忘牛存人…

IMAGE: 7. The Bull Transcended. [Ox Vanished, Herdsman Remaining.]

七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (六. 騎牛帰家…←前の図;十牛図一覧;次の図→八. 人牛倶忘…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

不言…

IMAGE: The shortest answer is doing. / Actions speak louder than words. / Not words but deeds. / Deeds, not words.

不言実行。 / 行為は言葉よりも声が大きい[行動は言葉よりもよく響く/説得力がある]。 / 言葉ではなく行為。 / 為すべし、語るべからず。 – ジョン・フレッチャー (1579 – 1625): 『恋人のなりゆき』第3幕第4場 (StockSnapによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク