時に人生はあなたがた…

IMAGE: Sometimes life hits you in the head with a brick. Don't lose faith. I'm convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You've got to find what you love.

時に人生はあなたがたの頭をレンガでぶん殴る。信じる気持ちを失わないでほしい。私は確信している、自分を動かし続けたものはただ一つ、自分がやっていることへの愛だった。あなたがたも自分の愛するものを見つける必要がある。 – スティーヴ[スティーブ]・ジョブズ (1955 – 2011) / (2005年6月12日に行われたスタンフォード大学での卒業講演より) / (仕事はあなたがたの…) (Gordon JohnsonによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

時が過ぎ、少しずつ…

IMAGE: Time passes, and little by little everything that we have spoken in falsehood becomes true.

時が過ぎ、少しずつ、口から出任せで言ったあらゆることが真実になる。 – マルセル・プルースト (1871 – 1922) (Bruno /GermanyによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

どんな大人もかつては…

IMAGE: All grown-ups were once children... but only few of them remember it.

どんな大人もかつては子どもだった…だが、そのことを覚えている人はほんのわずかだ。 – サンテグジュペリ (1900 – 44): 『小さな王子さま[星の王子さま]』 (Michal JarmolukによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

読書っていうのは冒険…

IMAGE: Charlie Brown: "Reading is actually an adventure.." "Reading is like a Journey to a new place.." / Snoopy: "(Wake me when we get there)" //

チャーリー・ブラウン:「読書っていうのは冒険の一種なんだ‥」「読むのは新しい場所への旅だ‥」/ スヌーピー:「(着いたら起こしてね)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (StockSnapによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

どうしてわたしに一度…

IMAGE: Lucy Van Pelt: "How come you never send me flowers?" / Schroeder: "Because I don't like you" / Lucy Van Pelt: "The flowers wouldn't care" //

ルーシー:「どうしてわたしに一度も花を送ってくれないの?」/ シュローダー:「キミがキライだから」/ ルーシー:「花は気にしないわ」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Kate CoxによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

同時にふたりの子を…

IMAGE: Charlie Brown: "I wonder if it's possible to be in love with two different girls at the same time.." / Snoopy: "(I remember once when I had two cookies.. a chocolate chip and a peanut butter.. And I loved them both..)" //

チャーリー・ブラウン:「同時にふたりの子を愛することなんて可能かなあ‥」/ スヌーピー:「(クッキーがふたつあったのを思い出すよ‥チョコチップとピーナッツ・バターでね‥ ぼくはふたつとも愛したよ‥)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (PezibearによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

時々あなたは…

IMAGE: Lucy Van Pelt: "Sometimes I wonder how you can stand being just a dog.." / Snoopy: "(You play with the cards you're dealt.. Whatever that means)" //

ルーシー:「時々あなたは、どうして犬なんかでいられるのかと思うわ‥」/ スヌーピー:「(配られたカードで勝負するっきゃないのさ‥ それがどういう意味であれ)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) / (※上記「配られたカードで…」の元の翻訳は「配られたトランプで…」) (Henryk NiestrójによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

どこで不正が…

IMAGE: Injustice anywhere is a threat to justice everywhere. We are caught in an inescapable network of mutuality, tied in a single garment of destiny. Whatever affects one directly, affects all indirectly.

どこで不正が起こっても、あらゆる場所で正義が脅かされる。我々は、逃れられない相互関係のネットワークに捕らえられ、運命的な単一の衣(ころも)に縛られている。何であれ、あるものに直接影響すれば、すべてのものに間接的に影響するのだ。 – マーティン・ルーサー・キング,ジュニア[マーチン・ルーサー・キング,ジュニア] (1929 – 68) / (バーミンガム拘置所からの手紙、1963年4月16日) / (【訳】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (John HainによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

四. 得牛…

IMAGE: 4. Catching the Bull. [Getting Hold of the Ox.]

四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (三. 見牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→五. 牧牛…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

どれだけ多く行うか…

IMAGE: It is not how much we do, but how much love we put in the doing. It is not how much we give, but how much love we put in the giving.

どれだけ多く行うかではなく、どれだけ多くの愛をもって行うか、です。どれだけ多く施すかではなく、どれだけ多くの愛をもって施すか、なのです。 – マザー・テレサ (1910 – 97) (Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク