いまでもペギー…

IMAGE: Linus Van Pelt: "Do you still like Peggy Jean? Then here's what you should do..." "Tell her about the little red haired girl! Unfortunately, she'll never want to see you again! Now, most likely, the little red haired girl will someday also turn you down" "Then you'll have nobody, and be unhappy the rest of your life..." / Charlie Brown: "That's the worst advice I've ever heard!" / Linus: "Well, I just thought of it five minutes ago.." //

ライナス:「いまでもペギー・ジーン好きなのかい? じゃ、こうすれば…」「彼女に赤毛の子のこと話すんだ! 残念ながらそれで彼女とはおしまいさ! さて、赤毛の子もいつか君を捨てるだろう」「そしたら君には誰もいなくなる、それで一生不幸に生きるのさ…」/ チャーリー・ブラウン:「聞いたこともない最低の忠告だね!」/ ライナス:「まあ、5分前に思いついただけだけどね‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Akshay RanganathによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

いかに生きるかに…

IMAGE: This is my report on how to live.. They say the best way is just to live one day at a time.. If you try to live seven days at a time, the week will be over before you know it..

いかに生きるかについてのレポートです‥ 最善の生きかたは一回に一日ずつ生きること‥ もし一度に七日生きようとしたら、知らない間に一週間が終わってしまいます‥ – サリー — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (geraltによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

医者から余命6分と…

IMAGE: If my doctor told me I had only six minutes to live, I wouldn't brood. I'd type a little faster.

医者から余命6分と宣告されても、私は思い悩まない。もう少し速くタイピングするだろう。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今の世の中で一番…

IMAGE: The saddest aspect of life right now is that science gathers knowledge faster than society gathers wisdom.

今の世の中で一番悲しい側面は、科学による知識の蓄積ペースに、社会による知恵の蓄積が追いついていないことだ。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (ComfreakによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

いつだって雨の中を…

IMAGE: I always like walking in the rain, so no one can see me crying.

いつだって雨の中を歩くのが好きなものだから、私が泣いているところは誰にも見られないんだよ。 – チャーリー・チャップリン[サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン] (1889 – 1977) (ArtTowerによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

一. 尋牛…

IMAGE: 1. In Search of the Bull. [Looking for the Ox.]

一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (十牛図一覧;次の図→二. 見跡…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

会うは別れの…

IMAGE: We never meet without parting. [We never meet without a parting.] / The best of friends must part. / Meeting is the beginning of parting.

会うは別れの始め。[逢うは別れの始め。] / 会者定離(えしゃじょうり)。[会えば必ず別れがある。] / 一番親しい人ともいつかは別れねばならない。 (【中文ID】愚木混株 【Instagram】cdd20によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今までにあったことは…

IMAGE: What has been will be again, what has been done will be done again; there is nothing new under the sun. [What has been is what will be, and what has been done is what will be done, and there is nothing new under the sun.]

今までにあったことはこれからもあるだろう、なされたことはまたなされるだろう、太陽の下に新しいものはない[日の下に新しきものなし]。 – (旧約)聖書: 『伝道の書』第1章9節 (catalin serbanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

イエスは答えた…

IMAGE: Jesus answered, "It is written: 'Man shall not live on bread alone, but on every word that comes from the mouth of God.'"

イエスは答えた、「『人はパンのみにて生きるにあらず、神の口から出る一つ一つの言葉で生きるものである。』と書いてある」。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『マタイによる福音書』第4章4節 (congerdesignによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

いつであれ、どこで

IMAGE: He was wise enough to know that nothing ever happened on this globe, for good, at which some people did not have their fill of laughter in the outset.

いつであれ、どこであれ、何かが始まる時にそれを笑い飛ばす人々が必ずいることくらい、賢明な彼には分かっていた。 – チャールズ・ディケンズ (1812 – 70): 『クリスマス・キャロル』「その結末」(【訳】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) / (「彼」=(改心した)スクルージ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク