一. 尋牛…

IMAGE: 1. In Search of the Bull. [Looking for the Ox.]

一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (十牛図一覧;次の図→二. 見跡…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

会うは別れの…

IMAGE: We never meet without parting. [We never meet without a parting.] / The best of friends must part. / Meeting is the beginning of parting.

会うは別れの始め。[逢うは別れの始め。] / 会者定離(えしゃじょうり)。[会えば必ず別れがある。] / 一番親しい人ともいつかは別れねばならない。 (【中文ID】愚木混株 【Instagram】cdd20によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今までにあったことは…

IMAGE: What has been will be again, what has been done will be done again; there is nothing new under the sun. [What has been is what will be, and what has been done is what will be done, and there is nothing new under the sun.]

今までにあったことはこれからもあるだろう、なされたことはまたなされるだろう、太陽の下に新しいものはない[日の下に新しきものなし]。 – (旧約)聖書: 『伝道の書』第1章9節 (catalin serbanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

イエスは答えた…

IMAGE: Jesus answered, "It is written: 'Man shall not live on bread alone, but on every word that comes from the mouth of God.'"

イエスは答えた、「『人はパンのみにて生きるにあらず、神の口から出る一つ一つの言葉で生きるものである。』と書いてある」。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『マタイによる福音書』第4章4節 (congerdesignによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

いつであれ、どこで

IMAGE: He was wise enough to know that nothing ever happened on this globe, for good, at which some people did not have their fill of laughter in the outset.

いつであれ、どこであれ、何かが始まる時にそれを笑い飛ばす人々が必ずいることくらい、賢明な彼には分かっていた。 – チャールズ・ディケンズ (1812 – 70): 『クリスマス・キャロル』「その結末」(【訳】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) / (「彼」=(改心した)スクルージ) More »

いの一番に私たち自身…

IMAGE: First and foremost, we need to be the adults we want our children to be. We should watch our own gossiping and anger. We should model the kindness we want to see.

いの一番に私たち自身が、子供たちにそうなってほしい大人でいることが必要です。自分たちのお喋りや怒りを看視するべきです。私たちが目にしたい優しさのお手本を示すべきなのです。 – ブレネー・ブラウン (1965 – ) More »

珍客も三日目には…

IMAGE: Fish and guests stink after three days. [Fish and company stink in three days.] / The first day one is a guest, the second a burden, and the third a pest.

珍客も三日目には居候。(日本の諺) / 鮮魚と新客も三日いれば鼻につく。 / 一日目はお客様、二日目は厄介者、三日目は疫病神。 – ジャン・ド・ラ・ブリュイエール (1645 – 96) More »

知る者は言わず、言う…

IMAGE: The greatest talkers are not always the wisest man. / The greatest talkers are the least doers.

知る者は言わず、言う者は知らず。[言う者は知らず、知る者は黙す。] – 老子 (前6世紀後半)(中国~日本の諺) / ([(漢)知者不言、言者不知。]) / 一番口数の多い者が一番の知恵者とは限らない。 / 最もしゃべる者は最も行わない者だ。 More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク