1日8時間忠実に働けば…

IMAGE: By working faithfully eight hours a day you may eventually get to be boss and work twelve hours a day.

1日8時間忠実に働けばそのうち出世できるかもしれない、そして1日12時間働くことになる。 – ロバート・フロスト (1874 – 1963) (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

愛とは、相手が自分を…

IMAGE: Love is an irresistible desire to be irresistibly desired.

愛とは、相手が自分を望む気持ちを抑え切れずにいることを、望む気持ちを抑え切れずにいること。 – ロバート・フロスト (1874 – 1963) (suju-fotoによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

女が愚かなことを私は…

IMAGE: I'm not denyin' the women are foolish. God Almighty made 'em to match the men.

女が愚かなことを私は否定してないわよ。全能の神は、男に似合いの相手となるよう女をお創りになったのよ。 – ジョージ・エリオット[メアリー・アン・エヴァンズ] (1819 – 80) (Jeff JacobsによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

愛は、人間存在の問題…

IMAGE: Love is the only sane and satisfactory answer to the problem of human existence.

愛は、人間存在の問題に対する、唯一まともで満足いく答えだ。 – エーリッヒ・フロム (1900 – 80): 『愛するということ』 (StockSnapによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今しか…

IMAGE: It's now or never. / The sooner the better. / When are you going to do it? If not now, then when? [Now, that's when! / Now is the time!]

今しかない。[やるなら今。] / 善は急げ。[早ければ早いほど良い。] / いつやるか? 今でしょ! [いつやるの、今でしょ。] – 林修(はやしおさむ) (1965 – ) / (鉄は熱いうちに…) / (紺屋の明後日…) (Saumya ShuklaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

朝起きて陽の光が…

IMAGE: When I wake up in the morning, love, / And the sunlight hurts my eyes, / And something without warning, love, / Bears heavy on my mind, //* Then I look at you, / And the world's alright with me, / Just one look at you, / And I know it's gonna be / A lovely day(, lovely day, lovely day, lovely day...). *// When the day that lies ahead of me / Seems impossible to face, / When someone else instead of me / Always seems to know the way, {Repeat: "/* ... */"} //

朝起きて陽の光が/目に眩しい時、/突然何かが心に/重くのしかかる時、//* 僕は君を見る、/そうすれば上手く行く、/一目君を見る、/そうすればきっと今日は/素敵な日(、素敵な日、素敵な日、素敵な日…)。 *//待ち受ける一日に僕は/立ち向かえそうになく、/僕じゃない誰かがいつも/上手くやってそうな時、{繰り返し:「/*…*/」}// – ビル・ウィザース (1938 – 2020); スキップ・スカボロー (1944 – 2003): 『ラヴリー・デイ』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (Photo MixによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

生きていれば誰だって…

IMAGE: Sometimes in our lives, / We all have pain, / We all have sorrow. // But if we are wise, / We know that there's always tomorrow. // Lean on me, / When you're not strong, / And I'll be your friend, / I'll help you carry on. // For it won't be long / Till I'm gonna need / Somebody to lean on. //

生きていれば/誰だって/痛みや悲しみもある。//でもわかるだろう、/明日はいつもやってくるよ。//ぼくを頼って! /落ちこんだら、/友達さ、/君を助けるよ。//ぼくもそのうちすぐ、/誰かを頼る/時がやってくる。// – ビル・ウィザース (1938 – 2020): 『リーン・オン・ミー』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (peterfromgermanyによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

あんたここで何…

IMAGE: Girl: "What are you doing here, Kid?" / Charlie Brown: "I'm taking dance lessons so I can learn to be more outgoing" "Maybe if I'm more outgoing, I won't be so lonely.." / Girl: "Ask me to dance, and I'll outgo you right over your head!" / Charlie: "Actually, being lonely isn't all that bad.." //

女の子:「あんたここで何してんの?」/ チャーリー・ブラウン:「もっと外向的になるのを学ぼうと思って、ダンスのレッスン取ってるのさ」「もっと外向的になれば、孤独じゃなくなるかも‥」/ 女の子:「私にダンス申しこんでごらん、あんたを地球の外まで吹っ飛ばしてやるから!」/ チャーリー:「ほんとのところ、孤独もそんなに悪くないよな‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Galina9237941221によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

覚えとけよ、選手が…

IMAGE: Charlie Brown: "Just remember, the better the player, the more important the mental game becomes.." / Lucy Van Pelt: "Good! That means I don't have to think at all!" //

チャーリー・ブラウン:「覚えとけよ、選手がよければよいほど、試合の精神面が大事になってくるんだ‥」/ ルーシー:「よかった! 私なんにも考えずにすむわ!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Lincoln NによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

おじいちゃんはまた…

IMAGE: "My grampa had another birthday yesterday.." "He said, 'I have to admit that the years have been good to me'" "'But the months and weeks have been a little rude!'"

「おじいちゃんはまた昨日誕生日だった‥」「彼が言うには“過ぎ去った年は私によくしてくれた”」「“だが過ぎ去った月と週はちょっと私に無礼だった!”」 – フランクリン(ライナスに) — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Michelle MariaによるPixabayからの画像) / (Michelle MariaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク