医者から余命6分と…

IMAGE: If my doctor told me I had only six minutes to live, I wouldn't brood. I'd type a little faster.

医者から余命6分と宣告されても、私は思い悩まない。もう少し速くタイピングするだろう。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今の世の中で一番…

IMAGE: The saddest aspect of life right now is that science gathers knowledge faster than society gathers wisdom.

今の世の中で一番悲しい側面は、科学による知識の蓄積ペースに、社会による知恵の蓄積が追いついていないことだ。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (ComfreakによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

愚かな利口者よりも…

IMAGE: Better a witty fool, than a foolish wit. [A witty fool's better than a foolish wit.]

愚かな利口者よりも、利口な愚か者の方がまし。 – 愚か者[道化(師)] — ウィリアム・シェイクスピア (1564 – 1616): 『十二夜』第一幕第五場 (Gerhard G.によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

明らかなことは終わる…

IMAGE: That which is apparent ends. That which is subtle is never-ending.

明らかなことは終わる。微妙なことは終わりがない。 – チャーリー・チャップリン[サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン] (1889 – 1977) (KatinkavomWolfenmondによるPixabayからの画像) / (kytalpaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

あなたと私にりんごが…

IMAGE: If you have an apple and I have an apple and we exchange these apples then you and I will still each have one apple. But if you have an idea and I have an idea and we exchange these ideas, then each of us will have two ideas.

あなたと私にりんごが一つずつあったとして、交換してもそれぞれのりんごは一つのまま。しかし、あなたと私にアイデアが一つずつあったなら、交換するとそれぞれのアイデアは二つになる。 – ジョージ・バーナード・ショー (1856 – 1950) (PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像) / (Dariusz SankowskiによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

面白いことをするのは…

IMAGE: Making fun is serious business. It calls for deep study, for concentrated observation. It is the business of a funny man to know what makes people laugh and why it makes them laugh. He must be a psychologist before he can become a successful comedian.

面白いことをするのは真面目な仕事だ。深い研究と集中的な観察を必要とする。何が人々を笑わせるのか、なぜそれが人々を笑わせるのかを知ることが面白い人の仕事なのだ。彼はコメディアンとして成功する前に心理学者でなければならない。 – チャーリー・チャップリン[サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン] (1889 – 1977) / (『ソイル[土壌]』1916年12月号の記事より) (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

思うにそれこそ人生の…

IMAGE: I suppose that's one of the ironies of life -- doing the wrong thing at the right moment.

思うにそれこそ人生の皮肉の一つなのだろう――ここぞという瞬間に間違ったことをしているのだ。 – チャーリー・チャップリン[サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン] (1889 – 1977) / (『殺人狂時代[ムッシュ・ヴェルドゥ]』のシーンから。) (John HainによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

いつだって雨の中を…

IMAGE: I always like walking in the rain, so no one can see me crying.

いつだって雨の中を歩くのが好きなものだから、私が泣いているところは誰にも見られないんだよ。 – チャーリー・チャップリン[サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン] (1889 – 1977) (ArtTowerによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

愛は敵を友に変える…

IMAGE: Love is the only force capable of transforming an enemy into a friend.

愛は敵を友に変えることができる唯一の力だ。 – マーティン・ルーサー・キング,ジュニア[マーチン・ルーサー・キング,ジュニア] (1929 – 68) (Sarah RichterによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ある意味では、毎日が…

IMAGE: In a sense every day is judgment day, and we, through our deeds and words, our silence and speech, are constantly writing in the Book of Life. Light has come into the world, and every man must decide whether he will walk in the light of creative altruism or the darkness of destructive selfishness. This is the judgment. Life's most persistent and urgent question is, "What are you doing for others?"

ある意味では、毎日が裁きの日であり、私たちは、自分たちの行為と言葉を通して、沈黙と弁舌を通して、絶えず生命の書(いのちのしょ)に書き込みをしている。光が世にやってきて、あらゆる人が創造的な利他主義の光の中か、破壊的な利己主義の闇の中か、どちらを歩くのか決めなければならない。これが裁きだ。人生で最も永続的かつ切実な問いかけは、「他人のために何をしているか?」ということなのだ。 – マーティン・ルーサー・キング,ジュニア[マーチン・ルーサー・キング,ジュニア] (1929 – 68) / (神が御子をこの世界に…) (1004usによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク