世界を滅ぼすのは…

IMAGE: The world will not be destroyed by those who do evil, but by those who watch them without doing anything.

世界を滅ぼすのは、悪いことをする人たちではなく、それを見ていながら何もしない人たちだろう。 – アルベルト・アインシュタイン (1879 – 1955) (kalhhによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

シェーン…

IMAGE: (Someone on TV:) "Shane!" "Shane!" "Come back!" / Charlie Brown: "I've watched this movie twenty times, and Shane never comes back..." "Rats!" //

(テレビで誰かが:)「シェーン!」「シェーン!」「戻ってきて!」/ チャーリー・ブラウン:「この映画はもう20回も見たけど、シェーンは戻ってきたためしがない…」「チェッ!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (RENE RAUSCHENBERGERによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

何が始まるんだい…

IMAGE: Snoopy: "What's going on?" / Charlie Brown: "They're coming to get you for your arthroscopic surgery.. Don't be afraid..." "In a few weeks you'll be as good as ever.." / Snoopy: "In my whole life I've never been as good as ever!" //

スヌーピー:「(何が始まるんだい?)」/ チャーリー・ブラウン:「関節鏡手術に君を連れていくんだ‥こわがるなよ…」「2、3週間で、ぴんぴんしてるよ‥」/ スヌーピー:「(これまでの生涯で、ぴんぴんしてたことなんて一度もないな!)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (InspiredImagesによるPixabayからの画像) / (Foundry CoによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

それは、世に来て…

IMAGE: That was the true Light which gives light to every man coming into the world. [The true light that gives light to everyone was coming into the world.]

それは、世に来てすべての人を照らすまことの光であった。[すべての人を照らすまことの光が、世に来ていた。] – 聖書: 『ヨハネによる福音書』第1章9節 / (光は闇の中に輝き…) (giograficheによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Linus Van Pelt: "If you're having trouble selling your work, I'd suggest a different approach..." / Snoopy: It was a stormy and dark night. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ライナス:「もし作品を売るのに苦労しているんなら、趣向を変えることを提案するよ…」/ スヌーピー:嵐の暗い夜だった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Markus WinklerによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. Suddenly, a shot rang out! / Lucy Van Pelt: "Isn't there enough violence in the world today?" "Can't you write about something nice?" / Snoopy: It was a dark and stormy night. Suddenly, a kiss rang out! //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。突然、銃声がひびきわたった!/ ルーシー:「現代世界には暴力があふれてない?」「もっとやさしいことについて書けないの?」/ スヌーピー:暗い嵐の夜だった。突然、キスの音がひびきわたった!// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Кирилл БогомазовによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Lucy Van Pelt: "No wonder your stories never sell... They all begin the same way.." / Snoopy: It was a dark and stormy noon. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ルーシー:「あなたの小説が一度も売れないのも無理ないわ…いつも書き出しが同じなんだもの‥」/ スヌーピー:暗い嵐の昼だった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Ирина ШутькоによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Lucy Van Pelt: "No, not again.." / Snoopy: It was one of those dark nights when you weren't sure if it was going to be stormy or not. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ルーシー:「マンネリよ‥」/ スヌーピー:嵐になるかどうかさだかでない暗い夜というのがあって、これもそのひとつだった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Kevin DashimによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

私のせいにしないで!…

IMAGE: Sally Brown: "'Don't blame me!' That's my new philosophy..." / Charlie Brown: "I thought your new philosophy was 'Who cares?'" / Sally: "'Who cares? Don't blame me!'" / Charlie: "What do I know?" / Sally: "I like that! 'What do I know? Who cares? Don't blame me!'" //

サリー:「『私のせいにしないで!』っていうのが、私の新しい哲学よ…」/ チャーリー・ブラウン:「『関係ないでしょ?』かと思ってたけど」/ サリー:「『関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」/ チャーリー:「ぼくに分かるわけないだろ?」/ サリー:「気に入ったわ!『分かるわけないでしょ? 関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Andrej PodobedovによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

信じられないよ…

IMAGE: "(I can't believe it.. Here I am overseas fighting in the war, and what happens?)" "(My girlfriend writes and tells me she's going to marry my cousin!)" "(I wonder how long it will take me to forget her...)" "(That wasn't too bad.. I forgot her in fourteen doughnuts!)"

「(信じられないよ‥故郷を遠く離れて戦ってるこのぼくに何が起こったと思う?)」「(ガールフレンドが手紙でぼくのイトコと結婚するって言ってきた!)」「(彼女を忘れるのにいったいどのくらいかかるだろう…)」「(まァまァだね‥ドーナッツ14個で忘れられたよ!)」 – スヌーピー — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (EC HolmによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク