単純であることは複雑…

IMAGE: Simple can be harder than complex. You have to work hard to get your thinking clean to make it simple. But it's worth it in the end because once you get there, you can move mountains.

単純であることは複雑であることより、時に難しい。単純であるためには、必死で思考をクリーンにしなければならない。しかし、最終的にはそうするだけの価値もある。一度その地平にたどり着いたなら、山々をも動かし得るからだ。 – スティーヴ[スティーブ]・ジョブズ (1955 – 2011) (Thitirath KinaretによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

第一歩こそが…

IMAGE: It is the first step that is troublesome [difficult]. [The first step is always the hardest.]

第一歩こそが大問題。[はじめの一歩がいつも一番大変。] (Arek SochaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

目から鱗が…

IMAGE: Scales fall from one's eyes. / Immediately, something like scales fell from Saul's eyes, and he could see again.

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)。 / たちどころに、サウロの目から鱗のようなものが落ち、彼は再び見えるようになった。 – 聖書: 『使徒行伝』第9章18節 / (サウロ=聖パウロ) (Hans BraxmeierによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人を呪わば穴…

IMAGE: Harm set, harm get. [Harm watch, harm catch.]

人を呪わば穴二つ。(日本の諺) / 他人の災いを願うものは、自らも災いを受ける。 (Gordon JohnsonによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人の褌で相撲を…

IMAGE: To rob Peter to pay Paul. [To borrow from Peter to pay Paul. / To unclothe Peter to clothe Paul.]

人の[他人の]褌で相撲を取る(ひとの[たにんの]ふんどしですもうをとる)。[借金で借金を返す。/舅の物で[酒で]相婿もてなす(しゅうとのもので[さけで]あいむこもてなす)。] / (一方から取って他方へ与える[自分に役立てる]。) (falcoによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人のふり見て我がふり…

IMAGE: One man's fault is another man's lesson. [Learn wisdom by faults of others.]

人のふり見て我がふり直せ。[他人の愚行によって英知を学びとれ。] (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

働かざる者食う…

IMAGE: There is no such thing as free lunch. [There is no free lunch.]

働かざる者食うべからず。(日本の諺) / (世の中そんなにあまくない。) / ただで食える昼飯はない。[ただ飯は無し。] – ミルトン・フリードマン (1912 – 2006) (kojikameiによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

情けは人の為…

IMAGE: One good turn deserves another. / He who gives to another bestows on himself.

情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)。(日本の諺) / (人に善行(ぜんこう)を施せば、自分もまた善行を受ける。) / 恩に報いるに恩をもってせよ。 / (一つの善行(をした人)は別の善行(を受ける)に値する。) / 他人に施す人は自分に施しているのである。 (Image by rawpixel on Pixabay) (Text-to-Speech by Sound of Text, using the engine from Google Translate) More »

だが人は負けるために…

IMAGE (by Pexels on Pixabay): "But man is not made for defeat," he said. "A man can be destroyed but not defeated." I am sorry that I killed the fish though, he thought.

「だが人は負けるために造られちゃいない。」彼は言った。「滅ぼされることはあっても負けやしない。」魚を殺しちまって悪いことをしたがな、と彼は思った。 – アーネスト・ヘミングウェイ (1899 – 1961): 『老人と海』 / (「彼」とはサンチャゴのこと。) More »

ただもう今は運がない…

IMAGE: Only I have no luck any more. But who knows? Maybe today. Every day is a new day. It is better to be lucky. But I would rather be exact. Then when luck comes you are ready.

ただもう今は運がない。だがわからんぞ。今日はいけるかもしれん。毎日が新しい日なんだ。運はあるに越したことはない。だが運まかせにするより腕を磨いておくんだ。そうすれば運がめぐってきたときに準備も整っている。 – サンチャゴ — アーネスト・ヘミングウェイ (1899 – 1961): 『老人と海』 / (「(漁の綱を扱う)腕を磨いて」) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク