素晴らしい主の恵み…

IMAGE: Amazing grace, how sweet the sound / That saved a wretch like me. / I once was lost, but now I'm found, / Was blind, but now I see. //

素晴らしい主の恵み、何と心地良い響きよ、/惨めだったこの心を救う。/さ迷うこの身を導き給い、/見えないこの目を開き給う。// – ジョン・ニュートン (1725 – 1807): 『アメイジング・グレイス』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (WikimediaImagesによるPixabayからの画像) / (Mircea PloscarによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

何が始まるんだい…

IMAGE: Snoopy: "What's going on?" / Charlie Brown: "They're coming to get you for your arthroscopic surgery.. Don't be afraid..." "In a few weeks you'll be as good as ever.." / Snoopy: "In my whole life I've never been as good as ever!" //

スヌーピー:「(何が始まるんだい?)」/ チャーリー・ブラウン:「関節鏡手術に君を連れていくんだ‥こわがるなよ…」「2、3週間で、ぴんぴんしてるよ‥」/ スヌーピー:「(これまでの生涯で、ぴんぴんしてたことなんて一度もないな!)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (InspiredImagesによるPixabayからの画像) / (Foundry CoによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Linus Van Pelt: "If you're having trouble selling your work, I'd suggest a different approach..." / Snoopy: It was a stormy and dark night. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ライナス:「もし作品を売るのに苦労しているんなら、趣向を変えることを提案するよ…」/ スヌーピー:嵐の暗い夜だった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Markus WinklerによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. Suddenly, a shot rang out! / Lucy Van Pelt: "Isn't there enough violence in the world today?" "Can't you write about something nice?" / Snoopy: It was a dark and stormy night. Suddenly, a kiss rang out! //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。突然、銃声がひびきわたった!/ ルーシー:「現代世界には暴力があふれてない?」「もっとやさしいことについて書けないの?」/ スヌーピー:暗い嵐の夜だった。突然、キスの音がひびきわたった!// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Кирилл БогомазовによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Lucy Van Pelt: "No wonder your stories never sell... They all begin the same way.." / Snoopy: It was a dark and stormy noon. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ルーシー:「あなたの小説が一度も売れないのも無理ないわ…いつも書き出しが同じなんだもの‥」/ スヌーピー:暗い嵐の昼だった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Ирина ШутькоによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暗い嵐の夜だった…

IMAGE: Snoopy: It was a dark and stormy night. / Lucy Van Pelt: "No, not again.." / Snoopy: It was one of those dark nights when you weren't sure if it was going to be stormy or not. //

スヌーピー:暗い嵐の夜だった。/ ルーシー:「マンネリよ‥」/ スヌーピー:嵐になるかどうかさだかでない暗い夜というのがあって、これもそのひとつだった。// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Kevin DashimによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

優れた運動能力を示す…

IMAGE: Why is it, I wonder, that anyone who displays superior athletic ability is an object of admiration to his classmates, while one who displays superior mental ability is an object of hatred? Is there some hidden understanding that it is brains, not muscles, that define the human being and that children who are not good at athletics are simply not good, while those that are not smart feel themselves to be subhuman? I don't know.

優れた運動能力を示す誰もがクラスメートに対する賞賛の対象となる一方、優れた知能を示す人が憎悪の対象となるのは何故だろう。筋肉ではなく脳こそが人間を定義するのだから、体育が不得意な子供たちは単に不得意というだけである一方、賢くない子供たちは自分たちが人間以下であると感じる、といった何か隠された理解があるのか。私には解らない。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (Francine SrecaによるPixabayからの画像) / (greenspcによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

スピードアップする…

IMAGE: There is more to life than increasing its speed.

スピードアップすることだけが人生(の目的)ではない。 – マハトマ・ガンディー[ガンジー] (1869 – 1948) (Bishnu SarangiによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

すべては過ぎ行く…

IMAGE: All things must pass, / All things must pass away. //

すべては過ぎ行く、/すべては過ぎ去って行く。// – ジョージ・ハリスン (1943 – 2001): 『オール・シングス・マスト・パス』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (skeezeによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

生兵法は大怪我のもと…

IMAGE: A little learning is a dangerous thing. [A little knowledge is a dangerous thing.]

生兵法は大怪我のもと(なまびょうほうはおおけがのもと)[生兵法は大傷(おおきず)のもと]。(日本の諺) / 少しばかりの学問は危険。 – アレクサンダー[アレキサンダー]・ポープ (1688 – 1744) (Image by Pexels on Pixabay) (Text-to-Speech by Sound of Text, using the engine from Google Translate) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク