知識だけでは不十分…

IMAGE: Knowing is not enough; we must apply. Willing is not enough; we must do.

知識だけでは不十分; 実践しなければならない。意欲だけでは不十分; 実行しなければならない。 – (ヨハン・ヴォルフガング・フォン・)ゲーテ (1749 – 1832) (Thanks for your Like • donations welcomeによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

「地球には」と彼は…

IMAGE: "The earth", he said, "has a skin; and this skin has diseases. One of these diseases is called, for example, 'humanity'." [The earth, said he, hath a skin; and this skin hath diseases. One of these diseases, for example, is called "man."]

「地球には」と彼は言った、「皮膚があるが、この皮膚は複数の病魔に侵されている。この病魔の一つが、例えば『人類』と呼ばれるものだ。」 – フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ (1844 – 1900): 『ツァラトゥストラはこう語った/こう言った[かく語りき/かく語れり]』 (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

読書っていうのは冒険…

IMAGE: Charlie Brown: "Reading is actually an adventure.." "Reading is like a Journey to a new place.." / Snoopy: "(Wake me when we get there)" //

チャーリー・ブラウン:「読書っていうのは冒険の一種なんだ‥」「読むのは新しい場所への旅だ‥」/ スヌーピー:「(着いたら起こしてね)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (StockSnapによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

覚えとけよ、選手が…

IMAGE: Charlie Brown: "Just remember, the better the player, the more important the mental game becomes.." / Lucy Van Pelt: "Good! That means I don't have to think at all!" //

チャーリー・ブラウン:「覚えとけよ、選手がよければよいほど、試合の精神面が大事になってくるんだ‥」/ ルーシー:「よかった! 私なんにも考えずにすむわ!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Lincoln NによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ちょっと、監督、今日…

IMAGE: Lucy Van Pelt: "Hey, Manager, it's too cold to play today.." / Charlie Brown: "Yesterday you said it was too hot..." / Lucy: "Hey, Manager, it's too medium to play today.." //

ルーシー:「ちょっと、監督、今日は試合するには寒すぎるわ‥」/ チャーリー・ブラウン:「昨日は君は暑すぎるって言ったじゃないか…」/ ルーシー:「ちょっと、監督、今日は試合するにはちょうどよすぎるわ‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Paul StennettによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ペパーミント・パティ…

IMAGE: Charlie Brown: "I think Peppermint Patty and Marcie like me, but I don't know why.. I wish I could ask them..." / Sally Brown: "It's all right to ask somebody why they hate you, but you should never ask somebody why they like you.." / Charlie Brown: "Why is that?" / Sally Brown: "It's a harder question" //

チャーリー・ブラウン:「ペパーミント・パティとマーシーはぼくのこと好きらしい、でも何故かな‥訊けるといいんだけど…」/ サリー:「誰かになぜ嫌いかって訊くのはいいけど、何故好きかは訊いちゃいけないわ‥」/ チャーリー・ブラウン:「どうしてさ?」/ サリー:「そのほうが難問だから」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (oficialjuanbarrosによるPixabayからの画像) / (Michelle MariaによるPixabayからの画像) / (Michelle MariaによるPixabayからの画像) (Translate and Speak by Smart Link Corporation) More »

ぼく退屈な奴だと…

IMAGE: Charlie Brown: "I have a great fear of being boring.." "I also have a great fear of being bored.." "What's the most bored you've ever been?" / Lucy Van Pelt: "Besides right now?" //

チャーリー・ブラウン:「ぼく退屈な奴だと思われるのがすごく怖いんだ‥」「退屈するのもすごく怖い‥」「今まで一番何に退屈した?」/ ルーシー:「たった今はぬきにして?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Michelle MariaによるPixabayからの画像) (OpenJTalkのエンジンを使用した、テキストークによるテキスト読み上げ) More »

ちょっと‥起きて…

IMAGE: Marcie: "Psst, sir.. Wake up!" / Peppermint Patty: "Why?" "Z" "A hard one to answer, huh?" //

マーシー:「ちょっと‥起きて下さい!」/ ペパーミント・パティ:「どうして?」「グー」「難問でしょ、どう?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (ivxintongによるPixabayからの画像) (OpenJTalkのエンジンを使用した、テキストークによるテキスト読み上げ) More »

おばあちゃんが言う…

IMAGE: Charlie Brown: "Gramma says when you wake up in the morning, you should give thanks for a new day, and then make plans to do something positive.." / Snoopy: "(Like feed the dog..)" //

チャーリー・ブラウン:「おばあちゃんが言うには、朝起きたら新しい日に感謝して、それから何か建設的なことをする計画を立てろって‥」/ スヌーピー:「(犬にご飯やるとかね‥)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (OpenJTalkのエンジンを使用した、テキストークによるテキスト読み上げ) More »

で、もし正直にする…

IMAGE: Charlie Brown: "So if I'm going to be honest, I think I should write to Peggy Jean, and tell her how I'm still fascinated by the little red haired girl..." "What do you think?" / Sally Brown: "So long, Peggy Jean! It's been nice knowing you!" "Farewell! Au revoir! Ciao! Sayonara! Adios! Auf wiedersehen!" //

チャーリー・ブラウン:「で、もし正直にするなら、ペギー・ジーンに手紙を書いてぼくがいまだに赤毛の子に夢中だって言うべきだと思うんだ…」「どう思う?」/ サリー:「バイバイ、ペギー・ジーン! 楽しかったよ!」「アバヨ! じゃあね! チャ―オ! サヨナラ! アディオス! さらば!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Kate CoxによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク