猫には目をつぶって…

IMAGE: Let the cat wink and let the mouse run. [Let the cat wink and the mouse runs.]

猫には目をつぶってもらい、ネズミを走り回らせよう。 / (強い方が見逃してやれば、いざこざが避けられる。) (mohamed HassanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

願って馬が手に入る…

IMAGE: If wishes were horses, beggars would ride. [If wishes were horses, beggars might ride.]

願って馬が手に入るなら、乞食だって乗っているだろう。 / (願うだけで叶うなら苦労はしない。) (PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

青天の…

IMAGE: (Like) A bolt from the blue. [A bolt out of the blue.]

青天の霹靂(せいてんのへきれき)。 – 陸游(りくゆう) (1125 – 1210) / (日本の諺・慣用句)寝耳に水。[降って湧いたよう。] More »

凝っては思案に…

IMAGE: Too much taking heed is loss.

凝っては思案に能わず。[凝っては思案に余る。] – 竹田出雲(二代目)(たけだいずも(にだいめ)) (1691 – 1756)・三好松洛(みよししょうらく) (1696頃? – ?)・並木宗輔[並木千柳(初代)](なみきそうすけ[なみきせんりゅう(しょだい)]) (1695 – 1751): 『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』(日本の諺) / 念の入れ過ぎは却って損。 More »

念力岩を…

IMAGE: Faith will move mountains. [Faith can move mountains.] / Care and diligence bring luck.

念力岩を透す。[思う念力岩をも通す。](中国~日本の諺) / 一念天に通ず。(日本の諺) / 信念が山を動かす。 / (聖書、マタイによる福音書第17章20節のイエスの言葉より) / 専心と勤勉は幸運をもたらす。 More »

羹に懲りて…

IMAGE: A burnt child dreads the fire. [The burnt child fears the fire.] / Once bitten, twice shy. [Once bit, twice shy.] / He that has been bitten by a serpent [snake] fear [is afraid of] a rotten rope. / A scalded cat [dog] fears (even) cold water.

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)。 – 『楚辞(そじ)』九章(中国~日本の諺) / やけどした子供は火を怖がる。 / 一度噛まれると二度めには怖気付く(おじけづく)。 / 蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる(へびにかまれてくちなわにおじる)。 / 熱湯でやけどをした猫[犬]は冷水を(も)恐れる。 More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク