蓼食う虫も…

IMAGE: There is no accounting for tastes. / Tastes differ.

蓼食う虫も好き好き(たでくうむしもすきずき)。(日本の諺) / 人の趣味は理屈では説明できない。 / 好き嫌いはさまざま。 More »

すき腹にまずいもの…

IMAGE: Hunger is the best sauce. / They that have no other meat, bread and butter are glad to eat.

すき腹にまずいものなし。[ひもじい時にまずい物なし。](日本の諺) / 空腹は最高のソース。 / 他に食べ物が無い者にとって、バターを塗ったパンは御馳走である。 More »

朱に交われば…

IMAGE: He who touches pitch will be defiled. / The rotten apple injures its neighbors [neighbours].

朱に交われば赤くなる。(日本の諺) / (コールタール蒸留後に残る)ピッチに触れる者はよごれる。 / 腐ったりんごは仲間まで腐らせる。 More »

佳人薄…

IMAGE: The good die young. [(Those) Whom the gods love die young.] / The fairest flowers soonest fade. [God takes soonest those he loveth best.] / Beautiful flowers are soon picked.

佳人薄命。[美人薄命。] – 蘇軾(そしょく) (1037 – 1101): 『薄命佳人(詩)』(中国~日本の諺) / 才子多病。(日本の諺) / 善人は若死にする。[神々に愛されるものは早死にする。] / 一番美しい花が一番早くしおれる。[神は一番愛するものを一番早く連れ去る。] / 美しい花はすぐ摘み取られる。 More »

子を知ること父に…

IMAGE: One father is more than a hundred schoolmasters.

子を知ること父に若くは莫し。[子を視ること親に如かず。](こをしることちちにしくはなし[こをみることおやにしかず])(日本の諺) / 一人の父親は百人の教師にまさる。 More »

一人の文筆家の文を…

IMAGE: When you take stuff from one writer, it's plagiarism; but when you take it from many writers, it's research.

一人の文筆家の文を使うと盗作となる。しかし多数の文筆家の文を使えば研究調査となる。 – ウィルソン・マイズナー[ミズナー] (1876 – 1933) More »

日々鍛錬し、いつ来る…

IMAGE: Train every day and be prepared for opportunities that may come at any time. [Train daily and be ready for opportunities as you never know when they will come.]

日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ。 – 伴虚無蔵(ばんきょむぞう) — 藤本有紀 (1967 – ): 『カムカムエヴリバディ』 (kalhhによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク