猿の仲間は現在、193…

IMAGE: There are one hundred and ninety-three living species of monkeys and apes. One hundred and ninety-two of them are covered with hair. The exception is a naked ape self-named Homo sapiens.

猿の仲間は現在、193種生存している。そのうち、192種までは毛で被われている。唯一の例外は、自らヒトと名乗っている、裸のサルである。 – デズモンド・モリス (1928 – ): 『裸のサル』序文 More »

最優先かつ最重要の…

IMAGE: The first and best [greatest] victory is to conquer self [yourself]; to be conquered by self [yourself] is of all things most shameful and vile.

最優先かつ最重要の勝利は、自分に打ち勝つこと; 自分に負けてしまうのは、何よりも恥ずべきで下品なことだ。 – プラトン (紀元前427 – 前347)(【訳】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) / (私は自分の敵を征服…) (moritz320によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

人生が不公平だって…

IMAGE: Sally Brown (to Charlie Brown): "What do you do when you feel that life is treating you unfairly?" / Snoopy: "(Learn to bake your own cookies)" //

サリー(チャーリー・ブラウンに):「人生が不公平だって感じる時、お兄ちゃんならどうする?」/ スヌーピー:「(自分でクッキー焼くのを覚えること)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (StockSnapによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さて、兄貴よ、ぼくは…

IMAGE: "(Well, Brother of mine, I guess I'll go back to where I came from..)" "(Before I go, maybe you could tell me something..)" "(Where was it I came from?)"

「(さて、兄貴よ、ぼくはもといた所へ戻るとしよう‥)」「(行く前に、ひとつ教えてほしいことがある‥)」「(ぼく、どこからきたの?)」 – オラフ(スヌーピーに) — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (JackieLou DLによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

私のせいにしないで!…

IMAGE: Sally Brown: "'Don't blame me!' That's my new philosophy..." / Charlie Brown: "I thought your new philosophy was 'Who cares?'" / Sally: "'Who cares? Don't blame me!'" / Charlie: "What do I know?" / Sally: "I like that! 'What do I know? Who cares? Don't blame me!'" //

サリー:「『私のせいにしないで!』っていうのが、私の新しい哲学よ…」/ チャーリー・ブラウン:「『関係ないでしょ?』かと思ってたけど」/ サリー:「『関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」/ チャーリー:「ぼくに分かるわけないだろ?」/ サリー:「気に入ったわ!『分かるわけないでしょ? 関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Andrej PodobedovによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さよなら…寂しいよ…

IMAGE: "So long, Ol' Pal... I'm gonna miss you..." "But don't be sad... Try to keep your chin up!" "It won't be for long..." "In fact, I'll see you in the morning!"

「さよなら…寂しいよ…」「でも悲しまないで…前向きに考えるんだ!」「長いあいだじゃない…」「朝には会えるんだからね!」 – チャーリー・ブラウン — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Memed_NurrohmadによるPixabayからの画像) / (InspiredImagesによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

この夏はうちにいるの…

IMAGE: Sally Brown: "Are you going to stay home this summer?" / Charlie Brown: "I think so... Last summer I went to camp, and fell in love..." "..and the pool, and the lake and the poison oak!" //

サリー:「この夏はうちにいるの?」/ チャーリー・ブラウン:「そのつもりさ…去年の夏はキャンプへ行って、恋に落ちた…」「‥それからプールにも、湖にも、ウルシの藪(やぶ)にも落ちた!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Alexas_FotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さあ、ピッチャー…

IMAGE: "Okay, Pitcher, strike this guy out, and we can all go home!" "All right, so you didn't strike him out..." "And we're all still here.."

「さあ、ピッチャー、こいつを三振させて、そしたらみんなうちへ帰れるわ!」「分かったわ、三振させなかったのね…」「そしてみんなまだここにいるって訳ね‥」 – ルーシー — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Bruce EmmerlingによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さあ、みんな…

IMAGE: Charlie Brown: "All right, Team, this is our first game of the season.. So let's hear some chatter out there! What do you have to say?" / Lucy Van Pelt: "Just wait 'til next year!!" //

チャーリー・ブラウン:「さあ、みんな、シーズン最初の試合だぞ‥ 声かけあっていこうぜ! なんて言うんだ?」/ ルーシー:「来年こそ見てろ!!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (stanbalikによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

車を運転してゆくのは…

IMAGE: Sally Brown: "Who are all those people driving by in those cars?" / Charlie Brown: "Those are people going to work.." / Sally: "Work?" / Charlie: "They used to wait for the school bus like we're doing... Now they have to go to work every day for the rest of their lives.." / Sally: "Good grief! Whose idea was that?" //

サリー:「車を運転してゆくのは、一体どういう人たちなの?」/ チャーリー・ブラウン:「働きに行く人たちだよ‥」/ サリー:「働きに?」/ チャーリー:「昔はぼくらみたいにスクールバスを待ってたもんさ… 今じゃ一生毎日働きに行かなきゃなんない‥」/ サリー:「ヤレヤレ! それ一体誰のアイデア?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (RundalonによるPixabayからの画像) / (F. MuhammadによるPixabayからの画像) / (F. MuhammadによるPixabayからの画像) / (EB PilgrimによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク