私のせいにしないで!…

IMAGE: Sally Brown: "'Don't blame me!' That's my new philosophy..." / Charlie Brown: "I thought your new philosophy was 'Who cares?'" / Sally: "'Who cares? Don't blame me!'" / Charlie: "What do I know?" / Sally: "I like that! 'What do I know? Who cares? Don't blame me!'" //

サリー:「『私のせいにしないで!』っていうのが、私の新しい哲学よ…」/ チャーリー・ブラウン:「『関係ないでしょ?』かと思ってたけど」/ サリー:「『関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」/ チャーリー:「ぼくに分かるわけないだろ?」/ サリー:「気に入ったわ!『分かるわけないでしょ? 関係ないでしょ? 私のせいにしないで!』」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Andrej PodobedovによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さよなら…寂しいよ…

IMAGE: "So long, Ol' Pal... I'm gonna miss you..." "But don't be sad... Try to keep your chin up!" "It won't be for long..." "In fact, I'll see you in the morning!"

「さよなら…寂しいよ…」「でも悲しまないで…前向きに考えるんだ!」「長いあいだじゃない…」「朝には会えるんだからね!」 – チャーリー・ブラウン — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Memed_NurrohmadによるPixabayからの画像) / (InspiredImagesによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

この夏はうちにいるの…

IMAGE: Sally Brown: "Are you going to stay home this summer?" / Charlie Brown: "I think so... Last summer I went to camp, and fell in love..." "..and the pool, and the lake and the poison oak!" //

サリー:「この夏はうちにいるの?」/ チャーリー・ブラウン:「そのつもりさ…去年の夏はキャンプへ行って、恋に落ちた…」「‥それからプールにも、湖にも、ウルシの藪(やぶ)にも落ちた!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Alexas_FotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さあ、ピッチャー…

IMAGE: "Okay, Pitcher, strike this guy out, and we can all go home!" "All right, so you didn't strike him out..." "And we're all still here.."

「さあ、ピッチャー、こいつを三振させて、そしたらみんなうちへ帰れるわ!」「分かったわ、三振させなかったのね…」「そしてみんなまだここにいるって訳ね‥」 – ルーシー — チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Bruce EmmerlingによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

さあ、みんな…

IMAGE: Charlie Brown: "All right, Team, this is our first game of the season.. So let's hear some chatter out there! What do you have to say?" / Lucy Van Pelt: "Just wait 'til next year!!" //

チャーリー・ブラウン:「さあ、みんな、シーズン最初の試合だぞ‥ 声かけあっていこうぜ! なんて言うんだ?」/ ルーシー:「来年こそ見てろ!!」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (stanbalikによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

車を運転してゆくのは…

IMAGE: Sally Brown: "Who are all those people driving by in those cars?" / Charlie Brown: "Those are people going to work.." / Sally: "Work?" / Charlie: "They used to wait for the school bus like we're doing... Now they have to go to work every day for the rest of their lives.." / Sally: "Good grief! Whose idea was that?" //

サリー:「車を運転してゆくのは、一体どういう人たちなの?」/ チャーリー・ブラウン:「働きに行く人たちだよ‥」/ サリー:「働きに?」/ チャーリー:「昔はぼくらみたいにスクールバスを待ってたもんさ… 今じゃ一生毎日働きに行かなきゃなんない‥」/ サリー:「ヤレヤレ! それ一体誰のアイデア?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (RundalonによるPixabayからの画像) / (F. MuhammadによるPixabayからの画像) / (F. MuhammadによるPixabayからの画像) / (EB PilgrimによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

最善への希望を、最悪…

IMAGE: Hoping for the best, prepared for the worst, and unsurprised by anything in between.

最善への希望を、最悪への覚悟を、その間の何にも驚かずに。 – マヤ・アンジェロウ (1928 – 2014): 『歌え、翔べない鳥たちよ(マヤ・アンジェロウ自伝)』 (David ZyddによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

最良の考えは独り…

IMAGE: The best thinking has been done in solitude. The worst has been done in turmoil.

最良の考えは独り静かな中で生まれた。最悪の考えは騒がしい中でのものだ。 – トーマス・エジソン[エディソン] (1847 – 1931) (1778011によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

三. 見牛…

IMAGE: 3. Perceiving the Bull. [Catching Sight of the Ox.]

三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (二. 見跡…←前の図;十牛図一覧;次の図→四. 得牛…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

早い者…

IMAGE: First come, first served.

早い者勝ち(はやいものがち)。[早いが勝ち。](日本の諺・慣用句) / 最初に来たものが最初に注文を聞かれる。 (Robert-Owen-WahlによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク