十牛図[牧牛図]一覧

IMAGE: List of Ten Bulls [Ten Ox Herding Pictures]

十牛図[牧牛図]一覧 – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) 一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] 二. 見跡(けんせき)。[牛の足跡(あしあと)を見る。] 三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] 四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] 五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] 六. 騎牛帰家(きぎゅうきか)。[牛に騎って(のって)家に帰る。] 七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] 八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] 九. 返本還源(へんぽんかんげん)。[本(もと)に返り、源(みなもと)に還る(かえる)。] 十. 入鄽垂手(にってんすいしゅ)。[町に入って手を垂れる(たれる)。] (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

七. 忘牛存人…

IMAGE: 7. The Bull Transcended. [Ox Vanished, Herdsman Remaining.]

七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (六. 騎牛帰家…←前の図;十牛図一覧;次の図→八. 人牛倶忘…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

五. 牧牛…

IMAGE: 5. Taming the Bull. [Taming the Ox.]

五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) / (四. 得牛…←前の図;十牛図一覧;次の図→六. 騎牛帰家…) (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

惚れて通えば千里も…

IMAGE: Love laughs at distance. / Who travels for love finds a thousand miles not longer than one.

惚れて通えば千里も一里(逢わずに戻ればまた千里)。 / 恋する二人の間には、距離など問題ではない。 (Luidmila KotによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

惚れた…

IMAGE: If Jack's in love, he's no judge of Jill's beauty.

惚れた欲目。(日本の諺) / 恋するジャックにジルの審美は無理。 (Bing N.によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

褒めてばかりいる男を…

IMAGE: Never trust a man who speaks well of everyone.

褒めてばかりいる男を決して信用するな。 – ジョン・チャートン・コリンズ (1848 – 1908) (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

褒め…

IMAGE: Too much praise is a burden.

褒め殺し[誉めごろし]。(日本の諺・慣用句) / 褒められすぎは重荷になる。 (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) / (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) / (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) / (Gerd AltmannによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク