ぼくが芸術というのは…

IMAGE: For me, art is life itself. I would like to emphasize that art is the way of life that lives the most intensely as a human being, unconditionally exuding life and exploding. "Art is (an) explosion"...but what I call (an) "explosion"...doesn't make a sound. Things don't fly away. Open your whole body and soul to the universe unconditionally. That's the "explosion". Originally, life should continue to explode moment by moment, gratuitously and aimlessly. It is the true way of life.

ぼくが芸術というのは生きることそのものである。人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。“芸術は爆発だ”……が、私の言う「爆発」は……音もしない。物も飛び散らない。全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。それが「爆発」だ。人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。いのちのほんとうの在り方だ。 – 岡本太郎 (1911 – 1996): 『自分の中に毒を持て』 (slowrabbitによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

本当に偉大な作家とは…

IMAGE: The really great writers are people like Emily Brontë who sit in a room and write out of their limited experience and unlimited imagination.

本当に偉大な作家とは、エミリー・ブロンテのように、部屋の中に座りながら限られた経験と限りない想像力で作品を書き上げてしまう人たちのことだ。 – ジェームズ・A・ミッチェナー (1907 – 97) More »

「本当の自分」を…

IMAGE: Young people searching for their "real self" must learn that the real self is not something one finds as much as it is something one makes; and it is one's daily actions that shape the inner personality far more permanently than any amount of introspection or intellection.

「本当の自分」を探している若者は、本当の自分とは、自身が見い出すよりも作り出す部分のほうが大きいことを学ばなければならない;そうして内省や思索をどれほど重ねようとも、人の日常の行動こそが、はるかに永続的に内面の人格を形作るのだ。 – シドニー・J・ハリス (1917 – 86): 『当分の間』 (Chris ChrisによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ボートを漕いで…

IMAGE: Row, row, row your boat, / Gently down the stream. // Merrily, merrily, merrily, merrily, / Life is but a dream. //

ボートを漕いで、ゆったりと/川を下る。//楽しもう、人生は/ただの夢。// – 『マザーグース』より(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (Sergio Cerrato – ItaliaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

他の人が書いたものに…

IMAGE: Employ your time in improving yourself by other men's writings, so that you shall gain easily what others have labored hard for.

他の人が書いたものによって自分自身を向上させることに自分の時間を使いなさい、そうすれば他の人が懸命に努力して手に入れたことを簡単に手にすることができる。 – ソクラテス (紀元前469? – 前399) (congerdesignによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ぼく退屈な奴だと…

IMAGE: Charlie Brown: "I have a great fear of being boring.." "I also have a great fear of being bored.." "What's the most bored you've ever been?" / Lucy Van Pelt: "Besides right now?" //

チャーリー・ブラウン:「ぼく退屈な奴だと思われるのがすごく怖いんだ‥」「退屈するのもすごく怖い‥」「今まで一番何に退屈した?」/ ルーシー:「たった今はぬきにして?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Michelle MariaによるPixabayからの画像) (OpenJTalkのエンジンを使用した、テキストークによるテキスト読み上げ) More »

ぼくらのような友情は…

IMAGE: Charlie Brown: "A friendship like ours is worth all the money in the world.." / Snoopy: "(On the other hand, if we had a little money, wo could buy some more cookies...)" //

チャーリー・ブラウン:「ぼくらのような友情は、世界中のお金にも代えがたいね‥」/ スヌーピー:「(とは言え、ちょっとお金があったら、もっとクッキーが買えるのに…)」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (cgordon8527によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

ぼくこの試合を重大に…

IMAGE: Charlie Brown: "I wonder if I take this game too seriously.." "Maybe it's wrong to get so depressed when we lose all the time..." "Do you think I take this game too seriously?" / Lucy Van Pelt: "What game?" //

チャーリー・ブラウン:「ぼくこの試合を重大に考え過ぎてるかな‥」「いつも負けるからって落ちこむのは間違ってるかもしれない…」「ぼくこの試合を重大に考え過ぎてると思うかい?」/ ルーシー:「どの試合よ?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Joel EckmanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

暴力は無能な人の最後…

IMAGE: Violence is the last refuge of the incompetent.

暴力は無能な人の最後の逃げ場である。 – アイザック・アシモフ (1920 – 92) (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

十牛図[牧牛図]一覧

IMAGE: List of Ten Bulls [Ten Ox Herding Pictures]

十牛図[牧牛図]一覧 – 廓庵禅師(かくあんぜんじ) (十二世紀後半): 十牛図(じゅうぎゅうず) / (牛=本来の自分; 牧人=本来の自分を求める自分) 一. 尋牛(じんぎゅう)。[牛を尋ねる。] 二. 見跡(けんせき)。[牛の足跡(あしあと)を見る。] 三. 見牛(けんぎゅう)。[牛を見る。] 四. 得牛(とくぎゅう)。[牛を得る。] 五. 牧牛(ぼくぎゅう)。[牛を牧う(かう)。] 六. 騎牛帰家(きぎゅうきか)。[牛に騎って(のって)家に帰る。] 七. 忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)。[牛を忘れて人だけが存る(ある)。] 八. 人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)。[人も牛も倶に(ともに)忘れる。] 九. 返本還源(へんぽんかんげん)。[本(もと)に返り、源(みなもと)に還る(かえる)。] 十. 入鄽垂手(にってんすいしゅ)。[町に入って手を垂れる(たれる)。] (周文による十牛図からの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク