『カラマーゾフの兄弟…

IMAGE: Peppermint Patty: "We're supposed to be reading 'The Brothers Karamazov,' Chuck.. Can you tell me about it?" / Charlie Brown: "Well there are these three brothers, see, and..." / Peppermint Patty: "Three, huh? Thanks, Chuck.. I can fake the rest.." //

ペパーミント・パティ:「『カラマーゾフの兄弟』読むことになってるのよ、チャック‥どんな話か教えてくれる?」/ チャーリー・ブラウン:「あのね、3人の兄弟がいてね、それで…」/ ペパーミント・パティ:「3人ね?ありがと、チャック‥あとはでっちあげられるわ‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Alexas_FotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

かわいい女の子は自分…

IMAGE: Linus Van Pelt: "Do pretty girls know that they're pretty?" / Lydia: "Only if somebody tells them.." "Well?" //

ライナス:「かわいい女の子は自分がかわいいってこと知ってるものなのかい?」/ リディア:「誰かがそう言ってくれればね‥」「さあ、どうなの?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (carol_austin1によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

神が御子をこの世界に…

IMAGE: For God did not send his Son into the world to condemn the world, but in order that the world might be saved through him. Whoever believes in him is not condemned, but whoever does not believe is condemned already, because he has not believed in the name of the only Son of God. And this is the judgment: the light has come into the world, and people loved the darkness rather than the light because their works were evil. For everyone who does wicked things hates the light and does not come to the light, lest his works should be exposed. But whoever does what is true comes to the light, so that it may be clearly seen that his works have been carried out in God.

神が御子をこの世界に遣わされたのは、世界を咎めるためではなく、御子を通してこの世が救われるためなのだ。御子を信じる者は誰も咎められはしない、だが信じない者はすでに咎めを受けている、神のひとり子をその名において信じていないからである。そしてこれが裁き: 光が世にやって来ても、人々は自分たちの行いの悪さゆえ光よりもむしろ闇のほうを愛したことだ。邪悪なことをする誰もが光を嫌い、光を避ける、自分の行いが明るみに出てしまうことを恐れているのだ。しかし、行いが真実の人は誰でも光のもとへやってくる、なのでその行いが神にあってなされたことは明らかとなるだろう。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『ヨハネによる福音書』第3章17節-21節 / (ある意味では、毎日が…) (blenderfanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

彼女の笑顔を見れば…

IMAGE: She's got a smile that (it seems to me) / Reminds me of childhood memories, / Where everything was as fresh as the bright blue sky. // Now and then when I see her face, / She takes me away to that special place. / And if I stared too long, I'd probably break down and cry. // Whoa, oh, oh, sweet child o' mine, / Whoa, oh, oh, oh, sweet love of mine. //

彼女の笑顔を見れば/子供のころを思い出す、/青い空のようにすべてが新鮮だった。//顔を見ればいつの間にか、/あの特別な場所にいる。/見つめ続ければ、泣き崩れてしまうだろう。//おお、私の愛しい子よ、/おお、愛しい恋人よ。// – ガンズ・アンド・ローゼズ: 『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (Alejandro AlvariñoによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

パン半分でもないより…

IMAGE: Half a loaf is better than no bread. / Something is better than nothing. / A little is better than none.

パン半分でもないよりはあった方が良い。 / 何かがあることは、何もないよりましである。 / 少しでもないよりはまし。 / (類似表現:枯れ木も山の賑わい。) (Image by Nordwing on Pixabay) (Text-to-Speech by Sound of Text, using the engine from Google Translate) More »

隣の芝生は青く…

IMAGE: The grass is greener on the other side of the fence. [The grass is always greener on the other side of the fence.] / Apples on the other side of the wall are the sweetest.

隣の芝生は青く見える。[隣の芝生は青い。/隣の花は赤い。/隣の薔薇は赤い。](日本の諺) / 垣根の向こう側の芝生はもっと濃い。 / 塀の向こうのりんごは一番おいしい。 / (ひとのものは良く見える。) More »

天を仰ぎて…

IMAGE: The stone you throw will fall on your own head. / He who spits against heaven, spits in his own face. / Who spits against the wind, spits in his own face.

天を仰ぎて唾す(てんをあおぎてつばきす)。[天に唾する(てんにつばする)。/天に向かって唾を吐く。] – 『四十二章経(しじゅうにしょうきょう)』(迦葉摩騰(かしょうまとう)・竺法蘭(じくほうらん)の共訳) / 投げた石は自分の頭に落ちてくる。 / 風に向かって唾吐けば、自分の顔に降り懸かる。 / (日本の諺)身から出た錆。 – いろは歌留多(江戸) More »

高みに土…

IMAGE: To cast water into the sea.

高みに土盛る。[川に水運ぶ。](日本の諺) / 海に水を投げ込む。 / (徒労、無駄骨。) More »

脛に疵を持つ身は…

IMAGE: Those who live in glass houses should not throw stones. [Those who live in glass houses should never throw stones.]

脛に疵を持つ身は(すねにきずをもつみは)、人の非難をしてはいけない。(日本の諺) / ガラスの家に住む者は石を投げてはいけない。 / (自分の行いに欠点のある者は他人の行いを批判してはならない。) More »

地獄の沙汰も金…

IMAGE: Money makes the mare go. [Money makes the mare to go.] / Money makes the world go round.

地獄の沙汰も金次第。 – 『いろは歌留多(上方)』(日本の諺) / 金を出すなら牝馬でも行かせる。 / 金が世界を回す。[世の中は金次第。] More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク