神よ、変えられない…

IMAGE: God, grant me the serenity to accept the things I cannot change, (the) courage to change the things I can, and (the) wisdom to know the difference.

神よ、変えられないものを受け入れる心の穏やかさを、変えられるものを変える勇気を、そしてこの二つのものを見分ける知恵を、私にお与えください。 – ラインホルド・ニーバー (1892 – 1971) / (神よ、変えられない…) (sspiehs3によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

神よ、変えられない…

IMAGE: God, give me grace to accept with serenity the things that cannot be changed, Courage to change the things which should be changed, and the Wisdom to distinguish the one from the other. Living one day at a time, Enjoying one moment at a time, Accepting hardship as a pathway to peace, Taking, as Jesus did, This sinful world as it is, Not as I would have it, Trusting that You will make all things right, If I surrender to Your will, So that I may be reasonably happy in this life, And supremely happy with You forever in the next. Amen.

神よ、変えられないものを心穏やかに受け入れる気品を、変えるべきものを変える勇気を、そしてこの二つのものを見分ける知恵を、私にお与えください。一日一日を生き、一刻一刻を楽しみ、平安への道として苦難を受け入れ、イエスがされたように、この罪深い世界をあるがままに受け止め、私ではなく、あなたが全てを正されるだろうと信じて、あなたの御心に身を委ねれば、現世ではそれ相応の幸福を、そして来世では永遠にあなたとの至福を、享受できますことを。アーメン。 – ラインホルド・ニーバー (1892 – 1971) / (神よ、変えられない…) (sspiehs3によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

絵画は沈黙の詩であり…

IMAGE: Painting is silent poetry, and poetry is painting that speaks.

絵画は沈黙の詩であり、詩は話す絵画である。 – プルタルコス[プルターク] (46 – 119) Ri ButovによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

考えることが少ない人…

IMAGE: The less men think, the more they talk.

考えることが少ない人ほど、多くを語る。 – モンテスキュー (1689 – 1755) / (少ししか知らない人は…) (312kasiaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

感謝は支払われるべき…

IMAGE: Gratitude is a duty which ought to be paid, but which none have a right to expect.

感謝は支払われるべき義務だが、誰もそれを期待する権利はない。 – ジャン=ジャック・ルソー (1712 – 78) (Alexandra ❤️A life without animals is not worth living❤️によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

過去の物事の記憶は…

IMAGE: Remembrance of things past is not necessarily the remembrance of things as they were.

過去の物事の記憶は、必ずしも当時あったままの記憶ではない。 – マルセル・プルースト (1871 – 1922) (Bella H.によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

『カラマーゾフの兄弟…

IMAGE: Peppermint Patty: "We're supposed to be reading 'The Brothers Karamazov,' Chuck.. Can you tell me about it?" / Charlie Brown: "Well there are these three brothers, see, and..." / Peppermint Patty: "Three, huh? Thanks, Chuck.. I can fake the rest.." //

ペパーミント・パティ:「『カラマーゾフの兄弟』読むことになってるのよ、チャック‥どんな話か教えてくれる?」/ チャーリー・ブラウン:「あのね、3人の兄弟がいてね、それで…」/ ペパーミント・パティ:「3人ね?ありがと、チャック‥あとはでっちあげられるわ‥」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (Alexas_FotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

かわいい女の子は自分…

IMAGE: Linus Van Pelt: "Do pretty girls know that they're pretty?" / Lydia: "Only if somebody tells them.." "Well?" //

ライナス:「かわいい女の子は自分がかわいいってこと知ってるものなのかい?」/ リディア:「誰かがそう言ってくれればね‥」「さあ、どうなの?」// – チャールズ・M・シュルツ (1922 – 2000): 『ピーナッツ』(【訳】谷川俊太郎 (1931 – )) (carol_austin1によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

神が御子をこの世界に…

IMAGE: For God did not send his Son into the world to condemn the world, but in order that the world might be saved through him. Whoever believes in him is not condemned, but whoever does not believe is condemned already, because he has not believed in the name of the only Son of God. And this is the judgment: the light has come into the world, and people loved the darkness rather than the light because their works were evil. For everyone who does wicked things hates the light and does not come to the light, lest his works should be exposed. But whoever does what is true comes to the light, so that it may be clearly seen that his works have been carried out in God.

神が御子をこの世界に遣わされたのは、世界を咎めるためではなく、御子を通してこの世が救われるためなのだ。御子を信じる者は誰も咎められはしない、だが信じない者はすでに咎めを受けている、神のひとり子をその名において信じていないからである。そしてこれが裁き: 光が世にやって来ても、人々は自分たちの行いの悪さゆえ光よりもむしろ闇のほうを愛したことだ。邪悪なことをする誰もが光を嫌い、光を避ける、自分の行いが明るみに出てしまうことを恐れているのだ。しかし、行いが真実の人は誰でも光のもとへやってくる、なのでその行いが神にあってなされたことは明らかとなるだろう。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『ヨハネによる福音書』第3章17節-21節 / (ある意味では、毎日が…) (blenderfanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

彼女の笑顔を見れば…

IMAGE: She's got a smile that (it seems to me) / Reminds me of childhood memories, / Where everything was as fresh as the bright blue sky. // Now and then when I see her face, / She takes me away to that special place. / And if I stared too long, I'd probably break down and cry. // Whoa, oh, oh, sweet child o' mine, / Whoa, oh, oh, oh, sweet love of mine. //

彼女の笑顔を見れば/子供のころを思い出す、/青い空のようにすべてが新鮮だった。//顔を見ればいつの間にか、/あの特別な場所にいる。/見つめ続ければ、泣き崩れてしまうだろう。//おお、私の愛しい子よ、/おお、愛しい恋人よ。// – ガンズ・アンド・ローゼズ: 『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』(【歌える訳詞】岡本健(おかもとけん) (1963 – )) (Alejandro AlvariñoによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク