無知、不寛容、利己…

IMAGE: Ignorance, intolerance, egotism, self-assertion, opaque perception, dense and pitiful chuckle-headedness -- and an almost pathetic unconsciousness of it all. That is what I was at nineteen and twenty.

無知、不寛容、利己主義、自己過信、不明瞭な認識、愚かで卑しむべき嘲笑的態度、――そしてそのすべてが痛々しいまでの無意識状態。それが19歳から20歳の私であった。 – マーク・トウェイン (1835 – 1910) “ジェイコブ・H・バロウへの手紙、1876年11月1日” (Isabella QuintanaによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

潔白な心は記憶力悪化…

IMAGE: A clear conscience is the sure sign of a bad memory.

潔白な心は記憶力悪化の確かな兆候である。 – マーク・トウェイン (1835 – 1910) / (心が潔白だと思うなら、あなたは記憶力の悪化に苦しんでいる、自分がしたあまり良くないことを思い出せていないからだ。) (Michal JarmolukによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

良書を読まぬ者は…

IMAGE: The man who doesn't read good books has no over the man who can't read them.

良書を読まぬ者は、それが読めぬ者に何の自慢もできない。 – マーク・トウェイン (1835 – 1910) (Free-PhotosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

「古典」: 誰もが

IMAGE: "A classic": something that everybody wants to have read and nobody wants to read.

「古典」: 誰もが読んでしまいたいと思っているが、誰も読みたいとは思わないもの。 – マーク・トウェイン (1835 – 1910): 1900年11月20日ニューヨーク市でのスピーチ(ケーレブ・ウィンチェスター教授の言葉より) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク