喜んでお前を召し抱え…

IMAGE: "I'm sure I'll take you with pleasure!" the Queen said. "Two pence a week, and jam every other day." Alice couldn't help laughing, as she said, "I don't want you to hire me - and I don't care for jam." "It's very good jam," said the Queen. "Well, I don't want any to-day, at any rate." "You couldn't have it if you did want it," the Queen said. "The rule is, jam to-morrow and jam yesterday - but never jam to-day." "It must come sometimes to 'jam to-day'," Alice objected. "No, it can't," said the Queen. "It's jam every other day: to-day isn't any other day, you know."

「喜んでお前を召し抱えようぞ!」女王は言った。「週に二ペンス、それに一日おきにジャムじゃ」。アリスは思わず笑いながら、「私を雇ってほしいわけではありません――それにジャムは好きじゃないし」と言った。「とても良いジャムじゃぞ」女王は言った。「とにかく、何にしても今日は欲しくありません」。「欲しかったとしても、手に入らなかったじゃろう」女王は言った。「規則では、明日のジャムと昨日のジャムはある――じゃが今日のジャムは絶対にない」。「『今日のジャム』になることもあるはず」アリスは異議を唱えた。「いや、あり得ぬ」女王は言った。「一日おきにジャムじゃ: 今日は今すぐの日、一日おいた日ではないじゃろが」。 – ルイス・キャロル (1832 – 98): 『鏡の国のアリス』(ウールとウォーター) (挿絵: ジョン・テニエル) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

問題はどちらが主人に…

IMAGE: The question is which is to be master.

問題はどちらが主人になるかだ。 – ルイス・キャロル (1832 – 98): 『鏡の国のアリス』(ハンプティ・ダンプティ) (挿絵: ジョン・テニエル) More »

もしそうだったら…

IMAGE: If it was so, it might be; and if it were so, it would be; but as it isn't, it ain't.

もしそうだったら、そうかもしれぬ。仮にそうだったとしたら、そうなるだろう。ところがそうではないのだから、そうじゃない。 – ルイス・キャロル (1832 – 98): 『鏡の国のアリス』(トウィードルダムとトウィードルディー) (挿絵: ジョン・テニエル) More »

教えていただきたい…

IMAGE: "Would you tell me, please, which way I ought to go from here?" "That depends a good deal on where you want to get to," said the Cat. "I don't much care where --" said Alice. "Then it doesn't matter which way you go," said the Cat. "-- so long as I get somewhere," Alice added as an explanation. "Oh, you're sure to do that," said the Cat, "if you only walk long enough."

「教えていただきたいんですけど、ここからどっちへ行けばいいの」「それは、君がどこへ行きたいかでほぼ決まるな」とその猫は言った。「わたしはどこでもかまわないの、ただ――」アリスが言う。「それならどっちでもかまわないな」猫は答える。「――『どこか』へ辿り着きさえすれば」とアリスは言葉を補った。「そりゃあ、辿り着くとも」と猫、「辿り着くまで歩き続けさえすればね」 – ルイス・キャロル (1832 – 98): 『不思議の国のアリス』第6章(子豚と胡椒) (挿絵: ジョン・テニエル) More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク