神が御子をこの世界に…

IMAGE: For God did not send his Son into the world to condemn the world, but in order that the world might be saved through him. Whoever believes in him is not condemned, but whoever does not believe is condemned already, because he has not believed in the name of the only Son of God. And this is the judgment: the light has come into the world, and people loved the darkness rather than the light because their works were evil. For everyone who does wicked things hates the light and does not come to the light, lest his works should be exposed. But whoever does what is true comes to the light, so that it may be clearly seen that his works have been carried out in God.

神が御子をこの世界に遣わされたのは、世界を咎めるためではなく、御子を通してこの世が救われるためなのだ。御子を信じる者は誰も咎められはしない、だが信じない者はすでに咎めを受けている、神のひとり子をその名において信じていないからである。そしてこれが裁き: 光が世にやって来ても、人々は自分たちの行いの悪さゆえ光よりもむしろ闇のほうを愛したことだ。邪悪なことをする誰もが光を嫌い、光を避ける、自分の行いが明るみに出てしまうことを恐れているのだ。しかし、行いが真実の人は誰でも光のもとへやってくる、なのでその行いが神にあってなされたことは明らかとなるだろう。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『ヨハネによる福音書』第3章17節-21節 / (ある意味では、毎日が…) (blenderfanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

柔らかな応答は憤りを…

IMAGE: A soft answer turns away wrath, but a harsh word stirs up anger. The tongue of the wise commends knowledge, but the mouths of fools pour out folly. The eyes of the LORD are in every place, keeping watch on the evil and the good. A gentle tongue is a tree of life, but perverseness in it breaks the spirit.

柔らかな応答は憤りを静めるが、激しい言葉は怒りを引き起こす。賢者の舌は知をたたえるが、愚者の口は愚かさを吐き出す。主の目はあらゆる場所にあって、悪人と善人を見張り続けている。優しい舌は命の木、けれど舌がねじけていると魂は破壊される。 – (旧約)聖書: 『箴言(しんげん)』第15章1~4節 (15299によるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

目から鱗が…

IMAGE: Scales fall from one's eyes. / Immediately, something like scales fell from Saul's eyes, and he could see again.

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)。 / たちどころに、サウロの目から鱗のようなものが落ち、彼は再び見えるようになった。 – 聖書: 『使徒行伝』第9章18節 / (サウロ=聖パウロ) (Hans BraxmeierによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

蒔かれしものは…

IMAGE: What you sow does not come to life unless it dies.

蒔かれしものは死ななければ生かされない。 – 聖パウロ (5頃? – 67頃) — 聖書: 『コリント人への第一の手紙』第15章36節 (Hans BraxmeierによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

今までにあったことは…

IMAGE: What has been will be again, what has been done will be done again; there is nothing new under the sun. [What has been is what will be, and what has been done is what will be done, and there is nothing new under the sun.]

今までにあったことはこれからもあるだろう、なされたことはまたなされるだろう、太陽の下に新しいものはない[日の下に新しきものなし]。 – (旧約)聖書: 『伝道の書』第1章9節 (catalin serbanによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

イエスは答えた…

IMAGE: Jesus answered, "It is written: 'Man shall not live on bread alone, but on every word that comes from the mouth of God.'"

イエスは答えた、「『人はパンのみにて生きるにあらず、神の口から出る一つ一つの言葉で生きるものである。』と書いてある」。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『マタイによる福音書』第4章4節 (congerdesignによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

はっきり言っておく…

IMAGE: "Truly I tell you," Jesus answered, "this very night, before the rooster crows, you will disown me three times." [Jesus replied, "I tell you the truth, Peter--this very night, before the rooster crows, you will deny three times that you even know me."]

「はっきり言っておく」、イエスはペテロに向かって答えた、「今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度私を知らないと言うだろう」。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『マタイによる福音書』第26章34節 (CCXpistiavosによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

汝は額に汗してパンを…

IMAGE: In the sweat of thy face shalt thou eat bread, till thou return unto the ground; for out of it wast thou taken: for dust thou art, and unto dust shalt thou return. [By the sweat of your face you shall eat bread, till you return to the ground, for out of it you were taken; for you are dust, and to dust you shall return.]

汝は額に汗してパンを食い、終には土に帰らん。汝は土から取れたもの、塵なれば塵に帰るべし。 – 聖書: 『創世記』第3章19節 (Robert CheaibによるPixabayからの画像) (Google Translateのエンジンを使用した、Sound of Textによるテキスト読み上げ) More »

狭き門より入れ、滅び…

IMAGE: Enter by the narrow gate; for wide is the gate and broad is the way that leads to destruction, and there are many who go in by it. Because narrow is the gate and difficult is the way which leads to life, and there are few who find it.

狭き門より入れ、滅びにいたる門は大きく、その道は広く、これより入るもの多し。命にいたる門は狭く、その道は細く、これを見出すものは少なし。 – イエス (紀元前4頃? – 30頃?) — 聖書: 『マタイによる福音書』第7章13節~14節 More »

  • Sponsored Links: スポンサー(ド) リンク